No.169 原が2PK阻止
f0136083_17315066.jpg 天皇杯2回戦・尚美学園大学戦のヒーローは、間違いなくGK原裕晃だ。2本のPKを阻止して2-0の勝利に貢献した。一試合2本シャットアウトは、そうあることではない。それもPK戦の中ではなく、レギュラータイムの中でやってのけたことなのだ。相手キッカーのキックが甘かったことを差し引いても、この連続スーパーセーブは、記録には残らないが、最大級の評価を与えていいビッグプレーだった。
  2本のPKの場面を振り返ってみる。1本目は0-0だった前半19分。PKの伏線は15分のプレーにあった。栃木の左サイド攻撃。種倉がクロスボールを入れて、ファーサイドに走り込んでいた北出がヘディングで合わせた。その直後のプレー。尚美大の左サイド小田がドリブルで栃木ゴールに迫った。マーク役は、オーバーラップ戻りの北出。速さで負けてはいなかったが、たった今、攻撃参加してハイジャンプしたばかりの北出は小田に一歩前に行かれた。ペナルティエリア角付近でGK原との挟み撃ちとなった。北出がバックチャージを取られてイエローカードを食らった。北出と激突した原は、左太もも打撲で4分間立ち上がれなかった。「本当に痛かったんですよ」(原)。PK判定から4分後の尚美大・中山のPK。原は右に跳んで、ズバリ両手で弾き飛ばした。
  2本目は2-0でリードしていた後半ロスタイム。ペナルティエリア内で尚美大・中山の突破を山崎が止めに行ってファウルの判定。今度は荒田が蹴ったが、原はまたも右に跳んでこれを阻んだ。前半の1本目よりシュートは低目に来たが、なぜか原の両手はぴったりとボールに合っていた。
  試合後の原の話。「僕が目立っちゃいけないんですけど…。1本目は、相手が蹴る寸前に左に動いて誘っておいて、右に跳びました。2本目は、しんどかったですね。これは無理だろうな、と。迷いましたね。左に跳んでやろうと思っていたんですけど、ぎりぎりまで我慢して、蹴る瞬間の感じで跳ぼうと思って…。最後、右に跳んだんです。2本止めたのは初めてかなぁ。でも、PKを取られること自体、良くないこと。僕の指示の問題もあって、連係が悪くなったということなんです。相手のシュートゼロを目指したいです。そういうプレーを心がけていきますよ」
  記者会見で高橋監督は「入って当たり前のPKを2本も…。まぐれでは止められませんよ。JFLの意地を見せてくれました。彼は一年一年、精神的に強くなっている。JFLでも三本指に入るGK。チームの中でも信頼されています。ゴールを守るだけでなく、チームを引っ張る存在ですよね」と、原への評価を語った。
[PR]
by tsc2007 | 2006-09-27 17:31
<< No.170 ヴェルディ戦へ No.168 後半に地力 >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ