No.144 守備の「超集中」
f0136083_20552828.jpg YKK AP戦を3-0と快勝できたいきさつを前回コラムで得点シーンに絞って書いたが、無失点に抑えた守備陣のことにも触れておかなければ片手落ちとなる。
  GK原は前半ロスタイムに、岸田のシュートを横っ跳びで防ぎ、CKからの濱野のヘディングシュートも間一髪、両手で弾いた。失点してもおかしくないピンチを水際で防ぎ、1点リードして前半を終了するという栃木のペースを保った。原は後半ロスタイムにも大西の強烈ミドルシュートをパンチングで弾き出し、無失点試合を完成させた。横山を真ん中にした右・照井、左・山崎の3バック、ラインの前の堀田と久保田の2ボランチもバランスが取れていた。横山は75分の朝日の決定的シュートをスライディングで止めた。
  「集中しろ!」とは、試合中によく飛び交う言葉だが、試合展開が白熱してきたり、試合そのもののレベルが高い場合、集中するだけでは通用しない。「超集中した死に物狂いのプレー」が求められる。YKK戦の栃木DF陣には、それがあった。すでに3点をリードしていた85分に、超集中シーンがあった。YKKが1点を狙って押し込んでいた。シュートの場面で、原や横山ら4人の栃木の選手が相手との激しい接触で一度に倒れ込み、しばらく立ち上がれなかった。まさに体を張ったディフェンス。相手も必死だが、こちらはもっと必死だったことがよく表れたシーン。その奮闘ぶりに胸を熱くしたファンが多かったのではないだろうか。
  試合後の記者会見で「3得点の攻撃と無失点の守備と、どちらを評価するか」という面白い質問を受けた高橋監督は「GK原とDF陣が0(ゼロ)で抑えるという強い気持ちで、最後の最後まで集中を切らさず、よく守り切ってくれた」と守備を勝因に挙げた。「守備と攻撃のバランスに気をつけるように指示した。広がらず、狭くならず、といった点です」とも付け加えた。YKK・楚輪監督は「(首位だったのは)ずっと下位チームと当たってきて、取りこぼしがなかっただけ」と苦笑(謙遜)し、「見ての通りの結果。甘んじて受け入れなければなりません」と、栃木の強さを口にした。
ただ、「長谷川に当てて岸田が決定打という場面があり、失点していたら危なかった。連敗のことが頭をよぎった」(高橋監督)との言葉通り、前半を0点に抑えていなかったら、結果は違っていたかもしれない。いかに守備の集中(超集中)が大切か、選手たちは実感したことだろう。ワールドカップ日本代表がグループリーグ敗退した原因は、オーストラリア戦の1失点目、GK川口が相手スローインをパンチングに行った時に、周りの日本人選手たちの「超集中」が足りなかったことだ。そのほかに、たいした敗因はないと、私は思っている。
[PR]
by tsc2007 | 2006-06-29 20:54
<< No.145 魔のロスタイム No.143 YKK戦3-0 >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ