No.123 西川初ゴール
f0136083_211053.jpg 前期第5節の流通経済大学戦で、トップ下の西川吉英(28)が今季初ゴールを決めた。矢板東高―中央大から大分トリニータ、湘南ベルマーレを経て、昨季途中に佐川印刷から移籍。栃木加入2試合目で初ゴールをあげた時の相手も流経大だった。佐川印刷時代を含め昨季8ゴール。今季は1トップを務める吉田賢太郎とともに得点王を狙う立場として開幕を迎えた。
  「春先(プレシーズン)にヒザや足首をケガし、調子が上がらないままリーグ戦が始まったんです。コンディションの上げ方を模索しながらのプレーでしたね」という西川は、開幕4試合のうち3試合に先発したが、いずれも途中交代。「守備のやり方の問題」と自覚しているが、前線の選手として「シュートも打っていなかったんで…。結果(ゴール)が出ていないのは申し訳ないと思っていました」。事実、交代出場した第3節も含めた4試合の公式記録のシュート数はたったの3本だった。
  西川は流経大戦の1週間ほど前、紅白戦の時に「思い切って当たりに行けるようになった」と、コンディションと意識の変化を感じた。だから、栃木市での今季5試合目は、密かに自分を試す大切なゲームだった。只木と2シャドーを組み、吉田とのポジションワークを繰り返した。13分の只木のパス、28分の菊地からの右クロスから狙ったシュートは惜しかった。35分には只木が入れた低い右CKをダイレクトボレー。わずか右に外したが、ジャストミートの鮮烈な弾道だった。さらに39分、44分と、得点を予感させるアタックを見せた。
  59分、右サイドに開いた吉田が只木につなぎ、只木がゴール正面の西川に素早くクロスボールを放り込んだ。西川は迷うことなくダイビング。額でとらえたボールが相手ゴールに吸い込まれていった。競った流経大DF石川が遅れて体の上にかぶさった。両手を広げて栃木サポーター集団の下に走る西川に、茅島や堀田が走り寄って祝福。タッチライン際で待つ高橋監督ともハイタッチした。「ああいう場面では、一歩前に出なくちゃ仕事ができません。フォワードですから」。MF登録の西川は試合後、はっきりと「フォワード」と言った。
  得点後も2回、決定的シーンがあった西川の公式シュート数は、吉田と同じ6本。3・6・1布陣の中で、実質的には吉田との2トップであることを象徴する数字でもある。今季初の90分間フル出場だったことも、西川にとってはゴールと同じくらいの大きな意味があっただろう。「もう、いっぱいいっぱいでしたよ」。精魂尽き果てた顔が「ケガでビビッていた自分があったですけど、これで行ける、と思いましたね」と吹っ切れた表情になった。その傍らで記者団に囲まれた吉田が「自分は絶対的1トップではないから、(西川を含めた)3トップの流動的動きの中でお互いに連動していきたい」と言った。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-19 12:09
<< No.124 晴天乱気 No.122 刈谷戦のトライ >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ