No.215 ホンダ戦引き分け
f0136083_2092291.jpg  都田(みやこだ)で勝つことは栃木SCにとって一つの目標だった。栃木の力は王者・ホンダと五分五分かちょっと上になったし、ホンダは優勝した昨シーズンほどの勢いはない。だから都田1勝のチャンスだったのだ。試合は栃木が先制しホンダが追い付き、栃木が82分に再リードした段階で2-1で勝ち切ったかに思われた。しかしロスタイム、「ホンダのお家芸」(高橋監督)のCKから失点して引き分け、密かな目標を遂げることはできなかった。 
  栃木は前節の3バックを4バックに戻した。山下との前線コンビは今季初出場の佐野。ボランチに小林が入ったのには驚いた。この日はもう一つ驚きがあった。交代投入の永井をトップ下で使ったことだ。小林も永井もサイドアタッカータイプだが「即席の起用」(高橋監督)の割には悪くはなかった。小林は高い位置を意識したので、前の山下と中盤の潤滑油にもなった。これに左・石川と右・久保田のサイドハーフがからみ、さらに左サイドバックの高野が前寄りになって、前節・佐川急便戦よりも攻撃の形に可能性が感じられた。
  前半は風上のホンダが押し気味。ホンダは増田と鈴木弘大、栃木も石川と佐野がきわどいシュートを放った。後半は風上になった栃木が攻勢をかけた。左の石川がどんどん仕掛け、小林や佐野がシュートを狙ってリズムをつかんだ。持ち味の運動量でホンダ守備陣を疲弊させた佐野は、65分の惜しいシュート直後に永井と交代。もったいない感じだったが、ピッチに入った永井は佐野が耕した畑に実を成らせた。69分、風上からの原のゴールキックをマイボールにして、久保田が右のスペースに開いた永井にパス。永井はファーにクロスボールを入れ、石川がジャストタイミングのヘディングシュートを決めた。「山下さんに、ゴールキックの時のポジショニングを指示されました。その通りにサイドに大きく動いたら、久保田が足元ぴったりのパスをくれました」という永井は、自分でもびっくりの高精度クロスだ。石川は「ニアで山下さんがつぶれ役になったのでファーに開いて待ちました。ボールもDFもGKも見えていました」と、チームとしても久々のナイスゴールを喜んだ。
  81分に川島大樹のヘディングシュートで同点にされたが、直後には左の茅島からパスを受けた永井がポスト役になって山下につなぎ、山下がワンタッチでゴールネットを揺らした。これも原が強風を利用して放り込んだゴールキックからの流れだったが、フィニッシュの形は2ゴールともワンダフルだった。これで終われば誰もが幸せだったのに、ロスタイムにホンダの左CKを堀切に右足で合わされ同点。勝利を信じていた栃木側の誰もがぼう然自失状態となった。
  1点リードして残り数分。何が何でも相手ボールをつぶしに行かなければならなかった。気温30度超の中、疲れはピークだったと思うが、ここで体を張らずしてどうする? 私はカメラの望遠レンズ越しに「おまえら、ファウルしてでもいいから止めろ!」と何度も叫んだ。どうしてロスタイムに、深い位置への侵入を簡単に許してしまうのだろう。栃木はゴールシーンのコンビネーションが良かっただけに、こんなことでその光明が消えてしまうのでは本当にもったいない。
[PR]
by tsc2007 | 2007-05-29 20:09
<< No.216 「決定力」の話 No.214 走りて路を得よ >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ