No.235 3位・YKK APに快勝
f0136083_18375867.jpg  未消化だった後期第7節のYKK AP戦は、夏休み最後の週末、栃木県グリーンスタジアムで行われた。炎天下だが、ピッチと周辺の緑、真っ青な空がステージ感を高めていた。相手は3位。柱谷監督は順位が上にいるチームには「絶対に負けられない。引き分けでもダメ」と、常に選手に言い聞かせているという。雷雨で延期の佐川急便戦も含めてこの5試合定着しているDF・MF陣の先発による4・4・2。2トップは加入後11試合にすべて先発している上野と、加入後3試合目の小原。3・5・2のYKK APは守備の要の濱野が出場停止。柱谷監督は「相手に引かれる前に速く攻める」ことを試合のコンセプトにしていたが、前半の栃木は攻撃の仕掛けが遅く、相手に引かれてから攻めようとして、攻めあぐねていた感じだった。
  むしろ序盤はアウェーのYKK APの攻撃が上だった。特にJ2愛媛FCから今季加入した身長162cmのFW猿田のスピードと運動量は傑出しており、前半だけで3本の決定的シュートを浴びた。それでも栃木は、24分に左サイドで片野が起点になったチャンスから只木、堀田、米田(めた)が連続シュートを放ったシーンなど、ゴール意欲は高かった。
  0-0で迎えたハーフタイムに柱谷監督は「相手3バックに単純に入れても難しいから、しっかりつないでいくように」と指示。4バックの栃木に必要なのは両サイドバックの上がりだが、後半は右の高野、左の片野ともに前への意識を高め、これにつなぎの共通認識が融合して「両サイドの優位性が出た」(柱谷監督)。47分に小原が放ったミドルシュートは、自身のゴールを予告する狼煙(のろし)だった。53分、右サイド高い位置で只木と高野が粘ってキープ。高野がゴールライン際から入れたボールに、上野の後ろで小原がダイビングヘッドを決め先制。58分には相手GKとDFの不用意なパス交換を只木が狙い、再び小原が突進して流し込み追加点。スタジアムは熱狂の嵐に包まれた。その後も山下、久保田、高安を投入して攻め続け、2-0で勝利を収めた。
  柱谷監督は「前半から、こうすれば崩せるというイメージはあった。あとはキックの精度やタイミングの問題。小原のゴールは、途中加入の本人にとっても、我々にとっても良かった」と、古巣の京都から引っ張った効果が出てうれしそう。YKK APの楚輪監督は「小原の捨て身で突っ込んでいく迫力に、栃木が今おかれている立場が感じられた。その気持ちがサポーターに伝わって、得点してからはJリーグの雰囲気に近いすごい声援になった。後半は完敗だった」と言った。小原は「途中加入だしFWなので、点を取れて正直ほっとしました。相手は僕たちが目指すポジション(3位)にいるので、引き分けも許されなかった。自分は人に使われてナンボの選手。いいクロスボールが入っても決められない場面があったのが反省点ですね。最低でも枠に打って決定力を高めていきたい」と栃木加入後の初ゴールを素直に喜んだ。FWの得点は前期第17節の吉田賢太郎以来で、柱谷監督就任後7試合目でやっと出た。誰が決めても1点は1点だが、決めるべき立場の選手が決めることでチームは高揚する。
[PR]
by tsc2007 | 2007-08-27 18:38
<< No.236 天皇杯出場決定 No.234 佐川急便戦、雷雨で延期 >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ