栃木SCふぁん!No.240 佐川急便戦ロスタイム失点
f0136083_15362169.jpg  雷雨で延期だった後期第8節の佐川急便アウェー戦が9月28日金曜日の午後1時キックオフで行われた。気温32度を超えて、空模様は中止の日と同様あやしかったが試合は無事に終了した。しかし栃木SCにとって内容は無事どころか、退場者を出して劣勢を強いられ、ロスタイムに悪夢を見ることになった。
  栃木は22歳の深澤を先発起用。2トップは横山聡と上野。石川裕之がベンチ入りした。序盤は互角だったが、栃木にアクシデントが続発する。14分、佐川右サイドに入ったボールを堀田と米田(めた)が追って奪取し、前の深澤につないだ。佐川が2人でチェックしボールを失いそうになり、堀田が戻って局地戦となった。お互いに主導権を握ろうとテンションの高いせめぎ合いになった中、堀田が右脚を痛めて倒れた。この一連のプレーが試合の流れを決した。
  堀田が治療のためにタッチライン外に出ていた数的不利の2分間。佐川は左サイドのDF旗手とMF堀が二人で連係しスピードに乗って栃木陣内に侵入した。堀を照井が倒してイエローカード。ちょっと厳しい判定だ。このFKは事無きを得たが、堀田はピッチに戻れず、久保田が代わりにボランチに入った。一進一退の攻防が続き、38分に再び事故が起こった。FKチャンスで栃木DF陣も上がっていた裏を突こうとピッチ中央の佐川FW中村がダッシュした足元にボールがつながった。抜かれるとGKと一対一の大ピンチ。近くにいた照井がスライディングでボールに行ったが、足がかかったか、主審のホイッスルが鳴った。2枚目のイエローカードで退場だ。強力攻撃陣を誇る首位・佐川急便に対して、アウェーで数的不利という最悪の事態。柱谷監督はFW(聡)を削ってDFの穴を谷池で埋めた。
  ここからは佐川が余裕のボール回しで得点機をうかがった。後半はほとんどワンサイドゲームとなったが、62分の久保田、77分の深澤、87分の山崎のシュートは惜しかった。「まずは勝ち点1。チャンスがあれば3を取りにいこう」(柱谷監督)との考え方のもと、栃木が勝つ予感さえ漂った。必死に守る選手たちの奮闘ぶりが良く伝わってきた。4分のロスタイムの3分ほどが経った時、佐川左サイドの旗手がゴール前のツインタワー(御給と竹谷)にロングボールを入れた。交代出場の身長188センチ・竹谷がジャンプ。前に出たGK原との空中戦となったが、竹谷のバックヘッドが一瞬早かった。ボールは緩くはねてゴール右隅に吸い込まれた。
  原は65分に接触プレーで痛んで治療に5分間も要した。89分には「遅延行為」でイエローカードまで受けた。そしてロスタイム、この日最大のアクシデントが襲ったのだった。終了のホイッスルの瞬間、原の赤いユニホーム姿は緑の芝生に突っ伏した。只木や高野たちチームメートに抱き起こされるまで動けなかった。すでにJ2昇格に赤信号が点灯していた栃木。現時点でJFLナンバーワンの強豪相手にハンデキャップを抱え込んでしまった試合で、善戦むなしく勝ち点0に終わった。その結果の深刻さを最後の光景が如実に物語っていた。
[PR]
by tsc2007 | 2007-10-01 15:37
<< 栃木SCふぁん!No.241 ... 栃木SCふぁん!No.239 ... >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ