栃木SCふぁん!No.245 アルテ高崎に1-0
f0136083_18383165.jpg
  三菱水島戦5-0大勝に続くアウェーの最下位・アルテ高崎戦は、楽勝ムードとは裏腹に「0-0が続き相手が守り慣れて、難しいゲームになった」(柱谷監督)。それでも、エース山下のゴールで1-0の“理想的アウェー勝利”を収め、J2への夢をつなぐ勝ち点3を獲得した。
  山崎が出場停止、照井が負傷で、谷池と横山寛のセンターバック。右サイドに2戦連続で高安が先発した。アルテは渡辺克之新監督の初采配で選手個々の意欲が高く、ハードなプレッシャーをかけてきたので、栃木のパス回しは前節の三菱戦のようにうまくはいかなかった(三菱は夜勤明けとバスの遠距離移動の影響でコンディションの悪い選手が多かった)。大雨でスリッピーなピッチもやりにくそうだったし、アルテのGK岡田が当たりに当たっていて、栃木にとっては厄介な展開となった。「(3分の)修栄のヘッドが決まっていれば大量点になって前節の流れがつくれたはず」(柱谷監督)。そんな中、左サイドの小林が積極的で、シュート意欲も高く、再三チャンスに絡んだのが目立った。
  0-0で迎えた後半、栃木は高安に代えて深澤を入れた(深澤は左、小林が右に回った)。さらに上野を下げて小原を投入。70分には右CKから米田(めた)の決定的なヘディングシュートがあった。直後、横山聡に代わり山下が入った。このあたりから、300人以上も乗り込んだ栃木サポーターたちの応援ボルテージがさらに上がった(観客数は562人)。ズブ濡れで叫ぶ彼らの後押しに、選手のモチベーションが沸騰した。75分に深澤のパスから山下、78分には小林の右クロスから小原が惜しいシュートを放つ。そして80分、高野が「中に入れれば何かが起こると思っていた」と右クロス。柱谷監督の「2トップはボックスの中にいろ」の指示通り、ゴール前にいた小原がヘディングに行き、GK岡田が両こぶしでクリア。ルーズになったボールが「吸い込まれるように僕のところに来て、合わせた感じでリラックスして打てました」と山下が右足ダイレクトボレー。GKの上をドライブがかったシュートが越えてゴールネットに突き刺さった。これで勝負あった。
  試合終了後、サポーターたちの山下応援歌に合わせて、山下を中心に歓喜の輪ができた。ピッチ上ではニヒルな山下がみんなに乗せられて手拍子しながら跳躍した。交代策がうまくいった柱谷監督は「選手がしっかり意識して戦ってくれた結果。どちらにでも転ぶゲームだったから、勝てて気分的にも大きい」と1-0勝利に、してやったりの手応えだ。前節の横山聡のハットトリックに刺激を受けていたという山下は「久しぶりにチームに貢献できたと思う。引き分けに終わったらサポーターたちに申し訳ないので、あの場面で決められて良かった」と前期ホンダ戦以来のゴールに久々の笑顔だった。ピッチレベルで見ていた私の目には、ベンチと選手とサポーターの全員でもぎ取ったゴールと映った。J2昇格への困難な戦いの中で生まれた、感動的な1点だった。
[PR]
by tsc2007 | 2007-10-29 18:28
<< 栃木SCふぁん!No.246 ... 栃木SCふぁん!No.244 ... >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ