栃木SCふぁん!No.250 後半3ゴールに意義あり
f0136083_14271035.jpg  後期第16節の流通経済大戦は、栃木が押し気味に進めていたのに、35分にCKから失点して相手ペースになってしまった。ハーフタイムを経て主導権を引き戻した後半に3ゴールを挙げて逆転勝ち。失点はミスからだったが、その落胆を流れの中で持ち直して歓喜に変えた。柱谷監督の来季続投が決まって迎えた最初のゲームだから、より一層意義のある勝利だった。
  高安が前節に右足首を痛めて、深澤が左サイドハーフで入った。7試合ぶり先発の深澤は気負い過ぎたか、慎重過ぎたか、本来のスピードとパワーを見せられなかった。序盤は上野や横山聡が精力的で、小林や久保田もチャンスに絡み、波状攻撃が何度も見られた。35分に反撃を受け、流経大の右CKに。栃木はゾーンディフェンスが基本だが、相手セットプレーの時はマンマーク。ところがゴール正面へのCKに走りこんだDF飯田に片野が振り切られた。飯田はフリーでドンピシャのヘディングシュートを決めた。柱谷監督はハーフタイムに片野に「負けたらオマエの責任だゾ」とまで言ったそうだ。当然、「片野のためにも、周りも頑張れ」という意味だ。後半、柱谷監督は、相手ドリブラーの加来とのマッチアップに悩まされた右サイドバックの片野を守備能力の高い左の石川とチェンジすることも考えたが「それで勝っても片野のためにはならない。最後まで責任を持たせるつもりだった」と使い続けた。プロの指導者は若手を育てる途上でこのような考え方をする。片野は「最悪の形で失点したことは忘れない」と90分間を全力プレーで乗り切った。片野にとって、今後のサッカー人生に必ずプラスとなる一戦になったはずだ。
  柱谷監督は「失点してからガクっと落ちた」と見えたチームに対してもゲキを飛ばした。多少のプレッシャーをこわがらないようにカツを入れ、意欲を持ってプレーし続けることを指示した。トレーニングを思い出し、開き直った選手たちは、パスをつなぐ意識を取り戻した。49分、左サイドで深澤からボールを受けた久保田が相手をかわして好クロス。上野が頭で落とし、山崎が右足で合わせて同点にした。60分には米田(めた)がつないだボールを小林が縦パスし、横山聡が高度なダイレクトの反転シュートで追加点。2分後に山崎のクリアミスから同点弾を浴びたが、84分には片野のパスからサトシがドリブル。エリア内にいた山下に渡り、これもワンタッチの左足で再び勝ち越した。相手が若い学生だったことを差し引いても、3つのゴールの取り方は上々だった。
  決勝ゴールの山下は「僕のところにボールがこぼれてきてラッキーだった」といつものように冷静だったが、チャンスの場所にいたことがFWの資質だ。アウェーに400人以上も駆け付けて、まるでホームのような雰囲気をつくり上げていたサポーターたちは試合後、アルテ高崎戦の時のように山下コールを繰り返し、山下も両手を挙げてそれに応えた。サトシと山崎の応援歌も、そして最後には柱谷コールも沸き起こり、J2昇格を断たれたチームとは思えないような盛り上がりだった。ただ、選手たちにとって今週は針のムシロにいる感じだろう。プロ選手には11月30日までに来季契約に関して通告が出る。プロの世界。厳しいことは当たり前とはいえ、この一年間、目の前で戦ってきた選手が去っていくことは胸が痛い。
[PR]
by tsc2007 | 2007-11-27 14:27
<< 栃木SCふぁん!No.251 ... 栃木SCふぁん!No.249 ... >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ