栃木SCふぁん!No.255 MVP&新人賞
f0136083_12515165.jpg  天皇杯準々決勝の鹿島アントラーズ対ホンダFC戦を仙台で見た。ホンダは東京ヴェルディ、柏レイソル、名古屋グランパスのJリーグ3チームを破ってきた。今季Jチャンピオンの鹿島を相手にどんな戦いをするのか興味があったし、栃木SCのJ2昇格に立ちふさがった相手の真の力を確かめたかった。ホンダはプレスサッカーを貫き、攻撃意欲も高く、堂々たる挑戦者だった。0-0の延長戦から、助六寿司の中に大トロの握りが1個だけ入っていたような決勝点(柳沢)で鹿島が勝ったが、ホンダの大健闘は同じJFLの仲間として勇気付けられるし、来季も強力なライバルになるだろうことを思い知らされるものだった。
  さて年末恒例、筆者独断、今季の「栃木SCふぁん! MVP」の発表です! 栄えある(?)受賞者は、栃木SCサポーター! ホームでもアウェーでも彼らの応援が選手たちを支えていた。前期のソニー仙台戦、後期のアルテ高崎戦と流通経済大戦のアウェー3勝は、サポーターの後押しが大きく影響していたと思う。リーダーの鈴木茂さんをはじめ、郷土愛に満ちた大勢のサポーターたちが栃木SCにとって最も大切な存在であることを認識できた一年だった。J2昇格の夢が破れてからの試合で、それまで以上の応援をしている姿には胸が熱くなった。年間観客動員数でリーグ新記録となる7万5762人という数字もMVPモノだ。J2に昇格したロッソ熊本とFC岐阜を大きく上回っての1位。純粋に「栃木県」という観点で見ても、これだけの人が集まって熱狂するシーンは特筆に値する。地元でも「栃木県は元気がない」と言う人が多いが、栃木県グリーンスタジアムに一度行けば見方は変わるかもしれない。
  こちらも独断、今季「栃木SCふぁん! 新人賞」は右サイドMF高安亮介選手! 深澤とのダブルも考えていたが、最終戦の好アシストで決まった。この時のことは第251回コラムに書いたが、本人に話を聞いたら、やはりちょっとしたパフォーマンスをやっていたようだ。これは高安の武器であり、チームの武器にもなり得る。ライバルチームのディフェンダーに知られないように、内緒にしておく。来季のピッチでどんどん見せてもらうことにしよう。
  8月に買っておいたチケットで、シーズン終了後にコンサートを聴いた。若杉弘指揮・東京フィルハーモニーで、シューベルトの「未完成」とブルックナーの交響曲第9番。クラシック好きにとっては究極のプログラムだ。8月の発売日のころ、毎日のように勝ち点計算をしていたが、どうやっても栃木SCは6位止まりだった。4位の最終勝ち点を59と算出(結果も4位・アローズ北陸は59だった)し、そのためには「残り11試合を9勝2敗が限度」と新聞にも書いた。それから4か月後、東京オペラシティで本番を聴きながら、「栃木SCは未完成だったなぁ。でも完成されたチームなんて世界中のどこにも存在しないんだよなぁ」などと考えながら、この一年間を包み込んでくれるような音響にひたった。ちなみに、ブルックナーの9番も未完の曲だが、交響曲史上、最も高みに到達した作品だと私は思っている。
[PR]
by tsc2007 | 2007-12-25 12:52
栃木SCふぁん!No.254 ... >>
栃木SCオフィシャルWebサイトへ