<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
No.126 鳥取の友人
f0136083_218133.jpg 1-1の引き分けに終わった前期第6節。鳥取の選手たちが試合前夜、「栃木に勝って(次節の)アローズ北陸戦に勢いをつけよう」と話していたのを私はある所で偶然耳にした。その話はまず置くとして、鳥取県は私にとって特別な所だ。大学時代の親しい友人が、砂丘長芋で有名な県中央部の大栄町(合併して現・北栄町)で長芋やスイカの生産農家を継いでおり、ここ25年ほど毎年、鳥取直送の味を享受しているからだ。友人は昨年の正月、娘3人をディズニーランドで遊ばせるために一家5人で関東に来たついでに栃木県にも足を延ばしてくれた。宇都宮で焼き肉をつつきながら、サッカー取材で鳥取に行った際には会う約束をしていたのだ。
  前日の昼過ぎ鳥取空港に到着すると、友人が出迎えてくれた。彼の運転する四駆で鳥取砂丘に行き、焼きはたはた寿司をつまみながら砂の山を散策。その後、白兎海岸の高波を見てから山間地に入り、今年開山1300年で世界遺産登録を目指す三徳山三佛寺の国宝・投入(なげいれ)堂を遠望した。途中、三朝(みささ)温泉郷を走りながら友人は「鳥取県西部地震(平成12年)があったけ。あれ以来、三朝も皆生(かいけ)温泉も客が少のうなった」と言った。投入堂が観光PRに一役買う期待を語り合った。大栄町はスイカも産地。大玉で甘くてみずみずしい。高品種のナゾは「かんぴょう」と知って、かんぴょう生産日本一・栃木県の人間としてはちょっと驚きだ。ユウガオの芽にスイカを差し芽するという。「かんぴょう(ユウガオ)は種を取るために育てるけん、夏過ぎると熟したかんぴょうが畑にゴロゴロしとるよ」。
  25年前に訪れた時、名峰・大山を望む広々とした農地と防風林しかなかった彼の地には、新しい道や「道の駅」ができ、アニメ作家の出身地にちなんで「コナン通り」もできた。スイカのビニールハウスで一仕事。この時期、農家は猫の手も借りたい忙しさなのだ。それなのに、一家そろって隣町・赤碕の割烹で、この上なく新鮮な刺し身や鯛めしでもてなしてくれた。再会の喜びを満喫し、JR山陰本線で鳥取市に戻ったのは夜10時前。ホテルにチェックインし、大浴場の湯に身をゆだねた時、冒頭のSC鳥取選手たちの話を聞くことになった。サウナでDFの某選手と一対一になった。取材の者であることを告げ、サッカーの話を数分間。汗だくの素っ裸同士、翌日の健闘を誓い合って(?)握手した。その彼は、試合ではセンターバックとして栃木に非常にやっかいな存在となった。
  ピッチ外のエピソードは、書き始めたらキリがない。鳥取市職人町の喫茶店では、マスターと1時間以上もSC鳥取の話をした。出雲そばの有名店で食べた割り子そば、大栄町の隣・倉吉市の「桜ずもう」に招待された大関・琴欧州(行きも帰りも同じ便)、鳥取駅でばったり会った栃木サポーター…。ひとつ書き忘れていた。鳥取の友人は地元高校時代、センターフォワードだった!
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-28 21:08
No.125 鳥取戦ドロー
f0136083_2185182.jpg 前期第6節のSC鳥取戦は、勝ち点3を取るための遠征だった。上位が負けないので、優勝レースの先頭集団キープのためには勝利が必要だった。今季まだ勝ち星のないホームの鳥取も、J2昇格に向けた行政や地域の支援を得るための動きと成績を連動させるため、何としても勝ち点3を取りたかった。双方のチームとも勝つ気で試合に臨むのは当然だが、その気持ちが「気迫」となってピッチ上でぶつかり合った時、勝敗の行方はどうなるか…。
  前半は鳥取の気迫が勝った。4・4・2の布陣だが、両アウトサイドはもちろん、両サイドバックも積極果敢にオーバーラップしてきた。前線の堀と内山を狙って、右から左から攻撃全開だ。栃木は厳しいプレスを受けてパスがつながらない。一対一や球際でも相手の勢いに押され、鳥取ペースで時間が刻まれた。 30分、左サイドをワンツーで突破した鳥取は、田村がファーサイドにクロスを入れた。フリーの実信が頭で折り返し、堀がヘディングシュート。鳥取攻撃陣の速い連係にものの見事にやられた。
  栃木は故障のボランチ種倉の代役に中川を起用。2シーズン目で初先発だったが、FK2本以外は「相手のプレッシャーが強く、チャンスメークもできなかった」と不本意な45分間だった。後半、高橋監督は中川を下げて高秀をトップ下に入れ、「起点になっていた実信に只木をぶつけると同時に、堀田とタテの関係にしてボール保持と展開役に」と只木の位置を下げた。そして後半は、栃木が反撃に転じた。鳥取の攻勢は鳴りを潜め、別のチームになってしまったかのようだった。高秀や吉田がゴールを狙い、完全に栃木ペースとなったが、なかなかシュートが決まらない。ピッチの選手たちの間に、明らかにあせりや苛立ちの色が見え始めた。残り10分となったころ、高橋監督はDF山崎を最前線に上げてパワープレーに出た。波状攻撃に対し、前半の攻め疲れもあって鳥取守備陣の足が止まってきた。81分、左の茅島がニアサイドの吉田に合わせてセンタリング。吉田のシュートを相手GKがファンブルしたこぼれ球を「GKが左にいて、自分の前にゴールが開いていた」という高秀が押し込み同点。さらに本田のループ、吉田の右をえぐってのシュート、ロスタイムにも本田がポストわずか右のシュート、ゴール前混戦のこぼれ球を遠藤がシュート…。しかし決勝点は遠かった。CKを得てラストチャンスと思われた瞬間にタイムアップの笛が鳴った。ダウン寸前の鳥取はゴングに救われた。
  栃木の高橋監督は「負けに等しい引き分け」と言葉少な。鳥取の木下監督は「栃木の地力をひしひしと感じた」と振り返りながら、地元テレビのインタビューに「好ゲームだったと思います」と応えていた。気迫の勝負は前半が鳥取、後半は栃木の勝ちだったが、同じ勝ち点1の持つ意味合いは微妙に違った。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-25 21:08
No.124 晴天乱気
f0136083_2193231.jpg 開幕5試合で4勝1分け0敗(5位)と、かつてない好スタートを切った栃木SCに暗雲が湧き上がりかけている。主力の戦線離脱だ。上位との対戦が増える前期中盤突入へ、戦力は大丈夫か―。
  前期第5節・流通経済大学戦の後半5分、オーバーラップしたMF種倉が、相手選手との競り合いの直後に右太ももを抱えてうずくまった。肉離れで即退場。しばらくは練習もできない状態だ。種倉は、堀田とボランチを組む重要な選手。この日は左アウトサイドでの先発だったが、後半に戦略上の陣容変更でボランチに戻り、1-0からの追加点狙いで積極姿勢を見せた矢先だった。
  左サイドの主力プレーヤー・MF石川裕之は、2年前に肉離れを起こした左太ももに違和感を覚えながらのプレーを続けていたが、第4節・刈谷戦から欠場した。母校との対戦となった流経大戦もスタンド観戦した。「動けるけど、80%のプレーしかできないので」と、完治を目標に、しばらくは練習参加も控える。
  そして先週、順調にリハビリメニューをこなしてきたスーパーサブ・MF吉見が練習中に再び右ひざをひねった。吉見は昨夏、右ひざ前十字じん帯を痛めて専門医の手術を受けた。つらいリハビリも、根っからの明るい性格で乗り越えて来ていただけに残念だ。4月25日に内視鏡検査を受けるが、再び前十字じん帯の損傷ということになっていれば、復帰はさらに半年延びる。「(復帰まで)もう少しだったのに、すみません」と吉見。Jリーガー級のカノン砲シュートはまたも封印か。吉見のひざに走った激痛は、同時にチームに走った衝撃でもあった。軽傷であることを願うばかりだ。
  5月連休明けからは上位との対戦が続き、優勝を目指す栃木SCにとっては最初の正念場。しかし「選手層を考えれば大丈夫。誰が出ても戦える」(浅野ヘッドコーチ)。種倉の穴は新人の菊地が埋め、石川不在の左サイドは茅島がこなす。右サイドは、バックアップとしてDF遠藤が定着しつつあり、注目のMF北出(湘南ベルマーレ)もケガから復帰間近。「春先のケガでビビッていた自分がいた」という西川は、流経大戦の2点目を豪快なダイビングヘッドで決めて、迷いを払拭した。
各選手とも何らかの痛みや疲労を抱えながらのリーグ戦。今季はトレーナー陣も充実し、険しい長丁場を乗り切る態勢は整っている。好スタートに浮かれる間もなく、戦いはこれからが本番だ。ピッチの選手たちが激しくぶつかり合うたび、カメラのレンズ越しに「無理してもいいから、ケガすんなよ」とつぶやいている。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-19 21:09
No.123 西川初ゴール
f0136083_211053.jpg 前期第5節の流通経済大学戦で、トップ下の西川吉英(28)が今季初ゴールを決めた。矢板東高―中央大から大分トリニータ、湘南ベルマーレを経て、昨季途中に佐川印刷から移籍。栃木加入2試合目で初ゴールをあげた時の相手も流経大だった。佐川印刷時代を含め昨季8ゴール。今季は1トップを務める吉田賢太郎とともに得点王を狙う立場として開幕を迎えた。
  「春先(プレシーズン)にヒザや足首をケガし、調子が上がらないままリーグ戦が始まったんです。コンディションの上げ方を模索しながらのプレーでしたね」という西川は、開幕4試合のうち3試合に先発したが、いずれも途中交代。「守備のやり方の問題」と自覚しているが、前線の選手として「シュートも打っていなかったんで…。結果(ゴール)が出ていないのは申し訳ないと思っていました」。事実、交代出場した第3節も含めた4試合の公式記録のシュート数はたったの3本だった。
  西川は流経大戦の1週間ほど前、紅白戦の時に「思い切って当たりに行けるようになった」と、コンディションと意識の変化を感じた。だから、栃木市での今季5試合目は、密かに自分を試す大切なゲームだった。只木と2シャドーを組み、吉田とのポジションワークを繰り返した。13分の只木のパス、28分の菊地からの右クロスから狙ったシュートは惜しかった。35分には只木が入れた低い右CKをダイレクトボレー。わずか右に外したが、ジャストミートの鮮烈な弾道だった。さらに39分、44分と、得点を予感させるアタックを見せた。
  59分、右サイドに開いた吉田が只木につなぎ、只木がゴール正面の西川に素早くクロスボールを放り込んだ。西川は迷うことなくダイビング。額でとらえたボールが相手ゴールに吸い込まれていった。競った流経大DF石川が遅れて体の上にかぶさった。両手を広げて栃木サポーター集団の下に走る西川に、茅島や堀田が走り寄って祝福。タッチライン際で待つ高橋監督ともハイタッチした。「ああいう場面では、一歩前に出なくちゃ仕事ができません。フォワードですから」。MF登録の西川は試合後、はっきりと「フォワード」と言った。
  得点後も2回、決定的シーンがあった西川の公式シュート数は、吉田と同じ6本。3・6・1布陣の中で、実質的には吉田との2トップであることを象徴する数字でもある。今季初の90分間フル出場だったことも、西川にとってはゴールと同じくらいの大きな意味があっただろう。「もう、いっぱいいっぱいでしたよ」。精魂尽き果てた顔が「ケガでビビッていた自分があったですけど、これで行ける、と思いましたね」と吹っ切れた表情になった。その傍らで記者団に囲まれた吉田が「自分は絶対的1トップではないから、(西川を含めた)3トップの流動的動きの中でお互いに連動していきたい」と言った。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-19 12:09
No.122 刈谷戦のトライ
f0136083_2111329.jpg 前期第4節のFC刈谷戦。前主将で「司令塔」「チームの心臓部」と称されるMF只木章広が、高橋高(たかし)監督4シーズン目で初めて、ベンチスタートとなった。先発メンバーには、新人の23歳MF菊池洋平(宇都宮白楊高―国際武道大)の名があった。「いつまでも只木に頼っていてはいけない。新人を思いっ切りテストした。これは、僕自身のトライでもあった」と高橋監督は言葉に力を込めた。
  菊池は30歳のベテラン堀田利明とボランチを組み、守備に比重を置きながらもスキを突いては前線に進出した。「守備も展開力も新人とは思えない冷静さだった」(高橋監督)。3日前の木曜夜の練習で先発を告げられた。「驚いて、緊張しました」。前節のホンダロック戦にラスト15分で起用され、思うような働きができていなかったからだ。しかしこの日、高い技術と可能性を秘めたルーキーに90分間の時間が与えられた。「堀田さんとのコミュニケーションを意識しました」と、バランスを考えながらも「攻撃参加が持ち味」と積極的なアタックを5、6回試みた。「受け手の後ろに出してしまった」と、22分の右サイド・松本修へのパスミスを反省するが、その失ったボールを自ら奪い返すガッツも見せた。初のフル出場に「次の試合に向けて気持ち的に余裕ができました」と自信をつけた菊池。自分の役割を「攻撃では、うまく展開してリズムを作ること。守備では、相手のくさびにきっちり対応し前につなぐこと」と迷いはない。
  もう一人の“トライ”は61分交代出場の22歳MF本田洋一郎(弥栄西高―国士舘大)。20分間プレーした前節よりも「ボールに触れる時間が多かった」とゲームに入り込めたが「DFを突破してシュートに行くべき所でパスを選択してしまって…」と反省の弁。「もっと自分の中にプランを持って仕掛けなければ、と感じました」と一歩成長した。前節のホーム戦でピッチに入った時「応援の雰囲気がすごいなあ」と思った。「サポーターの存在が(自分の)成長につながるんでしょうね」と、JFLでのプレーに意欲を新たにした。指揮官は「周りに遠慮していたね。もっと自分で仕掛けていい。技術も高いし、ウチの得点源になり得る」と、本田を起用する機会を増やす考えだ。
 0―0で迎えた後半、高橋監督は只木を投入して勝負に出た。これでゲームの流れを一気に引き寄せ、2―0の勝利をつかんだ。最年長(4月16日で31 歳)の只木は、90分間走り回るダイナモだが、年齢を考えると、この日のような起用も一つの選択肢だろう。刈谷戦後半の盛り返しは、只木の力がまだ必要なことを証明した形だが、高橋監督の「トライ」によって、新たな力の台頭を確信できた試合となった。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-12 21:10
No.121 刈谷戦2ゴール
f0136083_21115865.jpg 前期第4節のアウェーのFC刈谷戦は2-0で勝ち、3勝1分けとした。佐川急便東京、アローズ北陸、YKKAP、ホンダの4チームが4連勝しているので順位は5位だが、勝ち点2差で、序盤としては悪くないポジションだ。
  栃木は只木をベンチに置き、新人のMF菊池洋平が堀田とボランチを組んだ。堀田の相棒の種倉は左サイド。右には今季初出場の松本が入った。1トップは前節を体調不良で欠場した吉田賢太郎。刈谷はFW登録の4選手を前線にそろえ、4バックの前のボランチにJ経験のあるDF浮氣が攻守のコントロール役として入った。前半から栃木が押し気味だったが、刈谷も中山、原賀の若いアタッカーが挑んできた。42分、左から中山が低い体勢のフェイントとドリブルで突破しグラウンダーのクロス。栃木ゴール前を抜けた所をフリーの伊藤がシュートしたが、大きく外した。このワンプレーがゲームの行方を左右した。
  0-0で折り返した後半、前節のスコアレスドローが頭をよぎった高橋監督は、すかさず只木をトップ下に投入した。相手ゴール周辺ばかりか栃木の守備エリア深くまで神出鬼没の只木の運動量に、刈谷側は辟易させられたに違いない。52分に左サイドの種倉が接触プレーで左太ももを痛め、急きょ遠藤が右に入り、松本が左に回った。さらに61分、新人MF本田をトップ下に入れ、松本が外れた左に只木を配置した。後半、ゲームを支配した栃木にゴールが生まれるのは時間の問題だった。
  70分、栃木は攻め込みながらフィニッシュに至らず、相手カウンターになりかけた。上がり気味だったDF山崎がインターセプトし、近くにいた只木にボールを預けた。「相手DF4枚がきれいに並んで止まって見えた」という山崎は猛然と攻撃参加。そこに只木からフワリと浮き球のパスが入った。山崎は「GKが前に出ているのが分かった。なぜか落ち着いてシュートを打てた」と、GKの上を狙って右足インサイドのボレーでループをかけると、ボールは放物線を描いて刈谷ゴールに吸い込まれた。山崎は開幕戦に続く2点目。
  その後も高秀のヘッドや只木の強烈な左足シュートで脅かす。79分の追加点は、照井と吉田賢によるピンポイント&テクニックのコラボレーションだった。FKを蹴る照井と最前線の吉田がアイコンタクト。「ぴったりとボールが入ってきた。相手は疲れていたのか一発で当たって来る感じだったので、駆け引きできた」と、吉田はワントラップで相手DFを置き去りにした。ゴールライン側を突進し右足を振り抜いたシュートがGKを弾いて転がり込んだ。吉田は3試合で3ゴール。もう誰にも「エース不在」なんて言わせない。「照井の精度の高さや高秀のフリーランもあった。トータルで取った得点。栃木らしいでしょ」と吉田は謙虚に笑った。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-10 21:11
No.120 もったいない
f0136083_21123596.jpg 0-0の引き分けだった前期第3節のホンダロック戦は、一言で言って「もったいない」試合だった。圧倒的に攻め込みながら勝ち点3を逃したということではない。具体的に言うと、相手が放り込んでくるロングボールの競り合いで、栃木DFの山崎や照井、時には横山も、ほとんど勝っていたのに、その次のボール、いわゆるセカンドボールをずいぶん失っていたことが、もったいなかった。
  相手のロングフィードのボールを競り合うシーンは20回くらいあっただろう。そのほとんどを高さに強い照井と山崎が競り勝った。これは、記録には残らないが、実は大変な仕事なのだ。相手は長いボールを入れて、より敵ゴールに近い位置に起点を作ってフィニッシュを狙う。それを阻止する役目は重要だ。問題はその後だ。はね返すだけでは単なる壁に過ぎない。競ったボールを拾われれば相手側のポストプレーが成立してしまうのだ。ホンダロックは守備に重心を置いていたので、栃木がボールを失っても決定的シーンに結びつく場面がなかったのは幸いだった。
  もったいなかったのは、はね返したセカンドボールを保持して速攻を仕掛けられなかったことだ。あれだけ照井と山崎が競り勝ったのに、攻撃につなげることができなかった。栃木の攻守の切り替えは、JFL屈指の強力ストッパー陣の守備を即座に攻撃につなげられるかどうかが生命線だと思うし、練習でも繰り返し取り組んでいるはずだ。セカンドボールへの出足はホンダロックの方が上だったように感じた。
  ただ、私は終了のホイッスルが鳴った時、あまり悲観はしていなかった。「こういうこともある」と自分に言い聞かせながら、監督会見の記者席に座り、高橋監督が「内容的には悲観することはない。あとは最後の崩しですよね。相手も必死なんだから、それ以上に頑張らなければ点は取れないと感じました」と言ったのを聞いて、そういうことなのだろうな、と思った。足でも頭でも、必死に相手ゴールに迫った高秀の奮闘は賞賛されていい。両サイドの石川と茅島、縦横無尽だった只木や種倉、きわどい局面を防いだGK原。いずれも出来は悪くなかった。新人で初出場だった本田と菊地も次につながる経験になったはずだ。堀田のFKクロスバー直撃弾はJFLのレベルを超えている(あと1~2センチ下なら入っていた。普段から堀田を芝生で練習させていれば入っていた!)。いつも書くことだが「決定力不足」と一言で論じてはいけない。
ついでに書けば、開始1分の右FKの際、早くも上がった照井がペナルティエリア内で、相手DF浅田に後ろから抱え込まれて倒され(首と左腕を引っ張られていた)、わずかにヘディングシュートできなかったシーンで、主審か線審が良く見ていてくれれば、PK獲得で、試合はまったく違った展開(栃木の圧勝)になっていたかもしれず、もったいなかった。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-04 21:12
No.119 痛い引き分け
f0136083_211386.jpg 前期第3節のホンダロック戦は0-0の引き分けに終わった。ホンダロックの生目春男監督も口にしたように、誰が見ても「栃木の方が力では上」。事実、栃木はゲームを支配し、決定的場面を何度も創り出し、攻勢を繰り返した。それでもスコアレスドロー。「必ずしも強いチームが勝つとは限らない」というサッカーの古い格言を思い出させる結果となった。
  開幕2試合連続ゴールだった吉田賢太郎が体調不良で欠場し、1トップには前節決勝ゴールの佐野が入った。布陣はいつもの3・6・1。2シャドーは只木と高秀。前節に佐野をアシストした茅島が左サイド、いつもは左サイドの石川が右に張った。堀田、種倉のドイス・ボランチ、照井、横山、山崎の3バックは不動の構成。GKは3試合連続で原。
  開始早々、只木が右寄りからシュートを連発。17分には前節の再現のような左・茅島クロス→中・佐野シュートのシーンがあった。「相手DFの半歩前に出るのが精一杯で中は見えていませんでした」(茅島)と、アイコンタクトなしのセンタリングとなり、やや高めに行って、佐野は額でミートできなかった。その後も高秀や種倉がシュートを放ったが決まらず、0-0で前半を終了。見た目には栃木が優勢だったが、見えない針はホンダロックのペースを指していた。彼らは「アウェーで勝ち点1」が目標だった。
  後半も栃木が圧倒的に攻めた。ホンダロックの得点機は3回しかなかったのに比べて、栃木は決定機が少なくとも7回あった。このうち、63分に西川のパスから高秀が放った右足シュート(開幕戦決勝ゴールとほぼ同じ位置)、クロスバーを直撃した77分の堀田の直接FK、79分と87分の高秀のヘッド、さらに最後は誰が押し込んだか見逃したがロックゴール内のライン上で日高がクリアしたボールも惜しかった。
  ラスト数分の波状攻撃もむなしく、引き分けで終了。その瞬間、1480人入ったスタンドは重苦しいムードに包まれたが、選手たちが客席に向かって礼をした時には大きな拍手が起こった。観客は、栃木の攻撃姿勢をよく見ていた。もし栃木の攻めの姿勢が緩慢だったら、目の肥えた栃木のファンからはブーイングが起こってもおかしくはない結末だった。決まらなかったが、佐野や高秀の健闘は評価できる。ほかの選手たちも動きは悪くなかった。とりわけ只木のフリーランニングは、いい見本だったと思う。試合後の記者会見で、ホンダロックの生目監督は「栃木のトップ下の2人をマークしながら、サイドに出たボールを取りに行くよう指示した。(昨年の天皇杯3回戦で1-0で栃木を下した)縁起のいいグラウンドなので、走り負けしないで頑張ってやろうと申し合わせた」と言った。その通りの守備に専念した戦い方で、ホンダロックは栃木から勝ち点1をもぎ取った。これもサッカーというものだろう。「負けたような気分」(高橋監督)、「負けに等しい引き分け」(横山主将)だったが、公式シュート数が相手の4本に比べて17本という数字が示すように、栃木がアグレッシブサッカーを忘れなかったことだけは確かだった。
[PR]
by tsc2007 | 2006-04-04 12:13
栃木SCオフィシャルWebサイトへ