<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
No.208 堀田が連続フル出場「80試合」の新記録
f0136083_10503210.jpg  栃木の鉄人・堀田利明が31歳最後の試合となった前期第7節のアローズ北陸戦で、JFLの連続フルタイム出場80試合の新記録を達成した。前節のソニー仙台戦で、03年にFC京都1993のMF藤原敬二が記録した79試合に並んでいた。だから栃木市総合運動公園に集まったファンには、大記録が生まれつつある90分間を固唾をのんで見守るという、まれに見る観戦要素があったのだった。試合終了のホイッスルの瞬間、ボランチ堀田の体は目一杯だった。メディアに囲まれての第一声は「負けの雰囲気の中で全員が走って1点取れたけど、ホームなので勝てなくて残念」。話す内容のほとんどはゲームの反省のことで、記録のことは聞かれなければ答えないのが堀田らしかった。
  04年後期第7節から、リーグ戦の4年越し80試合すべてにフル出場。05年・30試合、06年・34試合の2シーズンを連続で皆勤賞だ。実は03年もチーム内最長出場時間。「全試合出場が目標」と臨んだ04年は30試合でたった1試合の欠場だった。それは、夏のリーグ戦中断期間にJFL選抜チームの一員としてサウジアラビアの国際親善大会に遠征し帰国直後だったアウェーの愛媛戦。その1日後には天皇杯予選の栃木トヨタカップ準決勝にフル出場している。この事情がなければ、80試合どころか「115試合連続フル出場」「3シーズン全試合フル出場」という途方もない数字になっていた。
  真岡市生まれの堀田は真岡高から順天堂大に進み、当時JFLの水戸ホーリーホックに入団。J2昇格に貢献したが「友達がたくさんいる栃木県リーグでサッカーを楽しみたい」と真岡クラブに移った。すぐに国体に抜てきされ「只木(真岡高―順大)たち栃木SCの選手と一緒に戦って、上のレベルでやる方が楽しいと感じ」、セレクションを受けて02年に栃木SCへ。当時ボランチだった炎の主将・菊地隆之(真岡高監督)の後、攻守の要を担ってきた。159試合に出場し11得点。05年にはチーム初のJFLベストイレブンに選ばれた。会社勤めの傍ら、接骨院に通って体のメンテナンスを欠かさない。強じんな肉体と精神力、警告の少ないフェアプレー。高橋監督は以前から堀田のことを「チームの模範」と言っていたが、記録達成日の会見では「JFLの顔と言ってもおかしくない選手」と最大級の表現でたたえた。
  今年はプレシーズンから脚を痛めて出遅れた。開幕直前の練習試合では鼻骨を骨折する大けがを負い(交代選手が入ったことに気付かずにピッチに戻ろうとした!)、開幕戦は鼻に分厚い絆創膏を張って強行出場。翌刈谷戦では風邪で38度の熱を出し「ホテルでぎりぎりまで寝ていて、初めて点滴して出場しました」。記録がかかった堀田にとっては最大のピンチだった。私は堀田の連続フル出場を04年シーズン終了時点で意識した。同年の当コラムMVPに選んだ理由もそれだった。以後、ある種の感慨を伴ってそのプレーを見続けてきた。「80試合」の金字塔、おめでとう。
  堀田は新記録樹立の原動力を記者団に問われて「自分一人では成し遂げられませんでした。トレーナーやいろんな人のサポートがあったから。感謝しています」と謙虚に語った。「チームのJ2昇格に貢献する」という思いは水戸の時に比べてはるかに強いに違いない。首位争いの直接対決となる次節のFC岐阜戦がある4月29日は32歳の誕生日。北陸戦ではもろ手をあげて喜べなかったので、岐阜に勝って、地元ファンと改めて喜びを分かち合えることを祈ろう。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-26 10:50
No.207 西川突進! アローズ戦1-1
f0136083_21371482.jpg  前期第7節のアローズ北陸戦は、栃木市総合運動公園陸上競技場に初めて3000人を超える観客が集まって盛り上がった雰囲気の中、いい内容とは言えないゲームになってしまい、1-1で引き分けた。前線の横山聡が警告2回で退場し、後半のほとんどを1人少ない不利な状況で戦うことになったのも原因だが、交代出場した西川のアグレッシブなアタックによってPKを得て、何とか勝ち点1を加えることができた。
  上位陣との7連戦の初戦。アローズ北陸の窪田監督はコーチ時代の3年間にライバル栃木のサッカーを良く見ていた人だ。半数が新加入選手となった今季、新監督として高橋監督に挑んだ。「栃木は山下のポストプレーからの展開をやってくるのが特徴」とワンタッチプレーをケアするよう守備陣に指示。さらに栃木のサイド攻撃に対し「ウチが先に引くと栃木の攻勢になる。両サイドバックを高い位置にしたことで先手を取れた」。この2つのポイントを抑えることで、ホームの栃木にペースを握らせなかった。
  栃木は10分すぎごろから北陸に支配されがちになった。それでも、35分に右スローインのボールを左からゴール前斜めに横切って呼び込んだ石川がセンタリングし横山がフリーでヘディングシュートしたり、前半ロスタイムには堀田がクロスバーをかすめる惜しいシュートを放った。一方、北陸は石田が2本の決定的なシュートを放ったがGK原がシャットアウトした。後半勝負に出ようとした栃木に横山レッドのアクシデント。高橋監督は「どうやって勝利に導くか考えた。チャンスはあるはずだ」と苦渋の時間となった。石川に代えて茅島を投入。さらに右サイドバック北出に代えて永井を入れ「DF3人を信頼して、攻撃重視のために3バックにした」(高橋監督)。このころには完全に北陸のペース。今井や石田に狙われ、何とかしのいでいたが、71分に北陸の左CKからのこぼれ球を永冨に決められて失点した。永冨は愛媛時代に栃木を破る得点を決めており、今後も天敵となりそうだ。
  その直後、小林に代わって入った西川がゴール意欲満々で前線を駆け回り、88分に山下のパスを受けてGKと一対一になった。GK藤川はボールに行ったが、ペナルティエリア内に突進した西川の脚を払う形となり、一発レッドカードの判定。このPKを山下が右上に強烈に決めて同点だ。試合はドローで終了。高橋監督は「負けに等しい」と苦い表情だったが、ダイナモ西川が自らのストロングポイントで得た1点は高く評価できる。「サッカー人生をかけてプロ契約した」という西川。出場機会はまだ少ないが「チャンスをもらえるだけの努力はしている」と短時間ながら全開プレーを見せて大いにアピールした。
もし敗戦になっていたら、この試合で堀田が達成したJFL連続フル出場新記録の金字塔も色あせてしまっただろう。エース山下は「流れの中で点を取りたかった。今後も落とせない試合が続くし、次の岐阜に勝たないと、きょう引き分けた意味がなくなる」と気を引き締めた。その岐阜が首位に復帰し、栃木は横河武蔵野と得失点差1で3位。次節はホームの足利で、岐阜と首位をかけた直接対決だ。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-23 21:37
No.206 上位との連戦が始まる
f0136083_2254247.jpg  開幕6戦目で単独首位に立った栃木SC。FC岐阜との得失点差で、まだリーグ戦序盤とはいえ、一番というのはやっぱり気持ちいいものだ。このまま先頭をキープできるとは限らないので、ぬか喜びは禁物だが、厳しかったソニー仙台戦をモノにしたことで、心配していたプロ・アマ混合軍団もこれで戦える態勢になってきたな、と感じている。開幕から一戦一戦、少しずつ良くなっている。これまでは、プロ契約選手は「アマに負けられない」、アマチュア選手は「プロに負けないプレーを」といった、ちょっとした対抗意識があったように見えたが、もうそんなことを言っている時期は過ぎて、チームがひとつになってきた。「一枚岩」の合い言葉が浸透してきたのだろうか。
  栃木にとって幸いなのは6戦までの相手が下位チームだったことだ。昨季を上位で終えた産物ではあるが、イマイチしっくりきていなかった序盤戦に強敵と当たらなくて良かった。この間にジェフリザーブズと引き分けた以外は取りこぼしもなく順調だった。そしていよいよ上位陣との連戦に突入する。次節のアローズ北陸に始まり、FC岐阜、横河武蔵野、ロッソ熊本、YKK AP、佐川急便、ホンダと続く。私は開幕前に、横河武蔵野からの5連戦を「5月決戦」と称してリーグ戦のヤマ場と言っていたが、岐阜が予想以上のスタートダッシュを見せたし、アローズ北陸はやっぱり強いので、「ヤマ場の7連戦」に修正しようと思い直している。
強行日程となるゴールデンウイークにホームゲームが多いことは栃木にプラス。5月3日のアウェー戦は比較的近い東京・武蔵野市だ。地の利も生かして、この7連戦を4勝2分け1敗くらいで乗り切りたい。何と言っても強みは6試合1失点の堅守。攻撃陣は毎試合得点を続けており、チームのリズムはいい。アローズ北陸戦では、堀田のJFL連続フル出場新記録(80試合)が達成されそうで、首位キープと7連戦に弾みをつける大きなプラス材料になる。
ロッソ熊本の連敗にはびっくりしたが、最終的には優勝争いのライバル一番手になるチーム。7連戦の中間点となる足利での決戦は、何が何でも勝っておきたい。そこで、当コラムからチームに贈る言葉を……。肥後熊本で晩年を過ごした宮本武蔵の著書「五輪書」にある一節だ。大分(だいぶん)=組織、一分(いちぶん)=一対一ともに「敵のながれをわきまへ」「人のつよきよわき所を見つけ」「其の間の拍子をよくしりて、先(せん)をしかくる所肝要なり」。そして「我太刀、人にあたる程の時は、人の太刀も我にあたらんと思ふべし。人を打たんとすれば、我身を忘るる物なり」。熊本の選手たちは武蔵の心を学んでいるに違いない。勝利のためにはリスクを負ってでも点を取りに来るだろう。さてその時、われらが栃木の大分・一分の兵法や、いかに…。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-22 22:54
No.205 ソニー仙台に1-0で勝ち切る
f0136083_2145531.jpg  前期第6節のソニー仙台戦は、2トップに高さのあるFWを置いてパワープレー作戦に出た仙台の攻撃を栃木守備陣がいかにしのいでいくかが注目点だった。高橋監督は試合前日に順位のシミュレーションをやって「1位もあるが7位もあるゾ。1-0でもいいから勝ち切って帰るんだ」と選手に言い聞かせていた。首位がかかった試合の自分へのプレッシャーでもあり、選手にも「しっかり戦う」ということを義務付けたものだ。
  仙台側の知人と試合前に話したところでは、1勝1分け3敗で11位と調子が出ない仙台は「シングルボランチがまだしっくりこなくて…。まともにやったら栃木さんにかなわないですよ」とのことだった。仙台は、開幕から5戦連続先発だった身長173cmの石原(真岡高出)を外して181cmの村田と185cmの金子央朋を前線に置き、ダブルボランチにして、後方からの浮き球勝負に活路を求めた。栃木・高橋監督は発表された試合メンバーを見て、DF陣に「蹴ってくるからな」と対応を指示した。
  5分、栃木は小林がGKと一対一になってシュート。GKに当たってこぼれたボールに谷池が詰めるビッグチャンスをつくった。しかしこの後は仙台のペースが続いた。特に右サイドバック・橋本がひんぱんにオーバーラップをかけてクロスボールを入れ、前半終了間際には村田の決定的ヘディングシュートを演出した。0-0で折り返した後半、高橋監督が勝負に出た。吉田賢太郎に代えて横山聡、石川に代えて茅島を同時投入。これで流れが変化した。53分に茅島が相手ボールをインターセプトしてドリブルシュート。そして56分、きれいなパスワークから先制点が生まれた。右寄りから堀田が左寄りにいた山下にクサビを入れ、ワンタッチパスを受けた横山が正面の山田につないだ。山田のパスは相手DFがカットしたが、小林が「必ず不用意なトラップになるだろうと感じて狙った。GKを巻いて蹴れた」と、ルーズになったボールに鋭く反応。倒れながら左足で執念のシュートを決めた。しかしペースを引き寄せるまでには至らなかった。仙台は勢いのある高野を投入してさらに攻撃の威力を増したが、栃木は「警戒していたとおり」(高橋監督)と猛攻に耐えて勝利をつかんだ。
  残り10分ぐらいは緊張感があった。昨シーズンまでの栃木なら失点して引き分けに終わることがあったが、今シーズンは違う。「よく耐え忍んで、苦しい試合を勝ち切った」と高橋監督も本物の力がついてきた実感を持った。アウェーでの理想的な「1-0勝利」。引き分けたFC岐阜と勝ち点16で並んだが、得失点差で上回り今季初めて単独首位に立った。その意味でも、大きな1勝だった。また、アウェーのスタジアム(J2ベガルタ仙台のホームでもあるユアテックスタジアム仙台)に栃木の応援歌をとどろかせてホーム側を圧倒し続けた栃木サポーター集団の後押しがなかったなら、結末はどうなっていたか分からない。とりわけ後半は、若い彼らが声をふり絞って、本当に心強い応援だった。サポーターの存在が、Jを目指す戦いの大きな戦力となることを改めて感じた試合でもあった。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-16 21:45
No.204 勝って兜の緒を締めよ
f0136083_14133376.jpg 前期第5節のアルテ高崎戦は4-0の圧勝だったが、この結果に浮かれてはいけない。アルテは、昨季まで1勝2分け3敗と苦手な相手だったが、今季はアルゼンチン人のピポ監督が若返り策を敷いて、まだチームづくりの途上。試合でも、ビルドアップがちぐはぐでフィニッシュできず、要注意は今井の精度の高いプレイスキックだけだった。おまけに、今季得点はディフェンダーが取った1点だけだったからか、20歳のFW小川は栃木先制の直後に躍起になりすぎて2枚のイエローカードを受け退場した。昨季が五分五分だったとすれば、それより1ランクダウンしたアルテと1ランクアップした栃木。J2とJFL、あるいはJFLと地域リーグほどの力の差があるところに数的優位まで得たホームの栃木が楽勝するのは当たり前だった。その差は、ピポ監督に「きょうはやられたが、3か月後には絶対に栃木より強くなっている」と負け惜しみを言わしめるほどだったのだ。
  開幕5戦で4勝1分けの2位。快調なスタートと言っていいが、やはり浮かれてはいけない。これまで対戦した琉球、刈谷、鳥取、高崎はいずれもチームができていなかった。ジェフリザーブズは測りかねるチームだったが、「若さ」だけがストロングポイントだったように感じた。失点1と大活躍の守備陣だが、おっかないFWとはまだ対決していない。つまり、ここまでは文字通り緒戦だ。緒戦の緒(しょ)は緒(お)とも読む。「勝って兜の緒を締めよ」とは、まさに今の栃木SCに必要な格言だ。栃木SCの強さが本物かどうか、J2昇格にふさわしいチームとなり得るのかどうかは、次節・ソニー仙台戦以降に見えてくると思う。ついでに書いておくと、5連勝で首位を行く新加入のJ準加盟チーム・FC岐阜は、今は勢いで突っ走っているので、ゴールデンウイーク以降に失速する。
  こんな書き方ができるのは、栃木が開幕戦から一試合ごとに、徐々にではあるけれども向上しているからだ。選手個々のパフォーマンスも、組織としての試合内容も、開幕戦と比べて第5節ではかなり良くなっていた。不用意なパスミスが減ってポゼッションを高めたし、DFとボランチがビルドアップのタメをつくるパス回しをやっていたし、ボールをつないでフィニッシュする形を多くつくった。下位チーム相手でもなかなかうまくいかなかった流れが、やっと自分たちの能動的なゲーム運びによってピッチ上に生まれてきた。
  アルテ戦後、高橋監督も「内容的には今までで一番良かった」と語った。さらに「山下、横山聡、吉田賢太郎、西川らFWは誰が出ても仕事ができるし、相手にとっては脅威」「山下はポストプレー、賢太郎はラインと駆け引きして点を取るタイプ。JFLでもこれだけの2トップはいない」とアタッカー陣に自信満々。また「自分はDF出身なので…」と、安定感のある守備陣に対して一層の厳しさを求めていく考えであることを強調した。今ごろは、次の戦いに向けて兜の緒を締め直していることだろう。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-13 14:13
No.203 アルテ高崎戦4-0
f0136083_2153972.jpg 前期第5節のアルテ高崎戦は、栃木県グリーンスタジアムに3833人もの観客を集めて行われ、ホームの栃木SCが4-0の圧勝劇を見せた。1トップの山下との前線コンビはこれまで横山聡だったが、4試合目で初めて吉田賢太郎を組み合わせた。GK原、4バックの北出、照井、谷池、高野、ボランチの堀田は5戦不動。もう一人のボランチに山田が入り、サイドは右に小林、左に石川の4・5・1。「試合の入り方はとても良かった。ジェフ戦で高い授業料を払ったからね」(高橋監督)と序盤から栃木がゲームを支配した。
  2分に賢太郎が左足で狙って、この日の猛攻の口火を切った。栃木にとって幸いだったのは、23分の相手左CKからのヘディングシュートがファウルで取り消されたこと。もしゴールが成立していたら、アルテは専守防衛に入って、やっかいなゲームとなっていただろう。主導権を握る栃木は、右・北出と左・高野の両サイドバックが活発に攻撃参加。ボランチも中盤のスペースをうまく使って縦横にボールをつなぎ、サイドと前線の絡みも良かった。31分、下がり気味の山下が左サイドを上がった高野にパス。高野が相手GKとバックラインの間に入れたクロスボールに小林が猛然とダッシュすると、ボールはルーズになって、ゴール正面にいた石川が「おいしくいただき!」と押し込み先制した。
  これで躍起になったアルテFW小川がたて続けに2枚のイエローカードを受けて退場し、栃木は11人対10人の数的優位に立った。ここからは栃木のワンサイドゲーム。ただ、高橋監督はハーフタイムに「0点に抑えるのは当たり前なんだぞ」と守備陣を引き締めた。後半、相手1FWに対しても4バックを崩さず、リスクを避けながらのポゼッションサッカーを意識した。この落ち着いたゲーム運びによって3つの追加点が生まれた。55分、こぼれ球を拾った堀田が縦パスを入れ、相手DFを賢太郎がうまくブロックして小林につなげた。小林は鋭く切れ込んで右足シュートを決めた。さらに60分、左から山田がファーに入れたクロスを小林が右足で合わせると、緩い放物線を描いたボールはアルテゴールに飛び込んだ。ダメ押しとなった4点目は、前節の鳥取戦と同様に交代選手が決めた。石川に代わって左サイドに入っていた永井が右にポジションチェンジし、ドリブルで突進してクロスボール。賢太郎と交代していた横山聡がニアに詰めて右足ダイレクトで合わせた。
  得点した3人とも今季初ゴール。とりわけ小林と横山は待望の得点だ。2ゴールの小林は「栃木に帰ってきて、期待して使ってくれているので、こたえなければと思っていた。2点目で、やっとチームに入れたなという感じがした」と安堵の表情。横山は「勝っていたし流れは良かったので、自分で得点を決めることに集中した」と狙い通りの結果だった。「小林には自信を持って行くように、横山には信頼していることを伝えていた。彼らも気持ちがすっきりしたはず。これからどんどん得点にからんでくれるだろう」と高橋監督もご満悦だった。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-09 21:53
No.202 模索期は脱した
f0136083_1102162.jpg  前期第4節のガイナーレ鳥取戦は、終始ペースを握り、交代3選手が絡んだ2ゴールと安定した守備陣の試合運びで2-0と快勝した。初のプロ選手との混合、山下や横山聡ら大物選手の存在の大きさ。そのへんを意識してか、現場でも「連動性」「かみ合わせ」といった言葉ばかりが語られて、難しくてややこしい話になっていたが、この試合で「シンプルにゴールを狙う」というサッカーの基本要素をやっと思い出してくれた。今後もシンプル・イズ・ベストを実践すれば、開幕3戦の模索期を脱出した新生・栃木SCの真の姿を見ることができるだろう。
  先発は開幕戦と同じだった。GK原と北出、照井、谷池、高野の4バック、中盤の堀田と久保田までは4戦不動。右に小林、左に石川、山下の1トップに横山の1・5列目。前半は“連動性”の片りんが見られたがフィニッシュのタイミングを逸するシーンが多かった。ハーフタイムに高橋監督は「主導権を握っているのに相手にボールを渡してしまうミスが多過ぎる! FWが息を取り戻すためにもボランチとDFでパスを回してタメをつくれ」と指示を出した。
  栃木ペースの試合は60分の永井、71分の茅島の投入でさらに活気づいた。76分、右サイドの永井が左サイドの茅島に絶妙のクロス。茅島は左足トラップ一発で相手DFを置き去りにし、左足でビューティフルシュートを決めた。永井は「今季はプロしか点を取っていなかったので、アマの意地を見せたかった。カヤと2人、どちらかで決めようと話していた。ボールを持ったら必ず逆サイドを見るんです。いいパスが出せて、それをカヤが決めてくれて、ものすごくうれしい」と、自らの開幕で大きなきっかけをつかんだ。茅島は「永井と目が合って、アッ来るな、と感じて、少しふくらんで相手サイドバックの視界から消えてから大事にトラップしました。サイドチェンジの練習をした成果」と振り返った。実は、チームの今シーズン実戦初ゴールは、1月28日のミニ合宿で高校生年代の栃木選抜を相手に、永井―茅島コンビで決めたもの。そこには、サイドが起点になったシンプルな栃木SCの攻撃の萌芽がすでにあったのだ。
  横山聡に代わってピッチに入った西川もいい仕事をした。86分、右サイドでボールを持つと「山下さんがニアに走り出すのが見えた」と素早いパス。後ろからのワンバウンドを山下が右足ボレーでシュートすると、ボールはGKの手が届かない軌道となって左サイドネットに吸い込まれた。「シュートチャンスはいっぱいあったがなかなか取れなくて、もう1点が決まって良かった」と山下もアウェーでの追加点にうれしそう。第2節・刈谷戦でも吉田賢太郎ゴールを左サイドからアシストした西川は「結果につながるプレーをしたい」と交代出場にも気合十分だ。この攻撃につながった右サイドバック・北出主将のダイビングヘッドパスも気持ちが入っていた。
2ゴールとも、サイドから迷いなくパスを出し、受け手が迷いなくシュートした。このようなシンプルな形を意識できれば、少し難しいセンター攻撃の可能性も高まるはずだ。
[PR]
by tsc2007 | 2007-04-01 17:18
栃木SCオフィシャルWebサイトへ