<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
栃木SCふぁん!No.255 MVP&新人賞
f0136083_12515165.jpg  天皇杯準々決勝の鹿島アントラーズ対ホンダFC戦を仙台で見た。ホンダは東京ヴェルディ、柏レイソル、名古屋グランパスのJリーグ3チームを破ってきた。今季Jチャンピオンの鹿島を相手にどんな戦いをするのか興味があったし、栃木SCのJ2昇格に立ちふさがった相手の真の力を確かめたかった。ホンダはプレスサッカーを貫き、攻撃意欲も高く、堂々たる挑戦者だった。0-0の延長戦から、助六寿司の中に大トロの握りが1個だけ入っていたような決勝点(柳沢)で鹿島が勝ったが、ホンダの大健闘は同じJFLの仲間として勇気付けられるし、来季も強力なライバルになるだろうことを思い知らされるものだった。
  さて年末恒例、筆者独断、今季の「栃木SCふぁん! MVP」の発表です! 栄えある(?)受賞者は、栃木SCサポーター! ホームでもアウェーでも彼らの応援が選手たちを支えていた。前期のソニー仙台戦、後期のアルテ高崎戦と流通経済大戦のアウェー3勝は、サポーターの後押しが大きく影響していたと思う。リーダーの鈴木茂さんをはじめ、郷土愛に満ちた大勢のサポーターたちが栃木SCにとって最も大切な存在であることを認識できた一年だった。J2昇格の夢が破れてからの試合で、それまで以上の応援をしている姿には胸が熱くなった。年間観客動員数でリーグ新記録となる7万5762人という数字もMVPモノだ。J2に昇格したロッソ熊本とFC岐阜を大きく上回っての1位。純粋に「栃木県」という観点で見ても、これだけの人が集まって熱狂するシーンは特筆に値する。地元でも「栃木県は元気がない」と言う人が多いが、栃木県グリーンスタジアムに一度行けば見方は変わるかもしれない。
  こちらも独断、今季「栃木SCふぁん! 新人賞」は右サイドMF高安亮介選手! 深澤とのダブルも考えていたが、最終戦の好アシストで決まった。この時のことは第251回コラムに書いたが、本人に話を聞いたら、やはりちょっとしたパフォーマンスをやっていたようだ。これは高安の武器であり、チームの武器にもなり得る。ライバルチームのディフェンダーに知られないように、内緒にしておく。来季のピッチでどんどん見せてもらうことにしよう。
  8月に買っておいたチケットで、シーズン終了後にコンサートを聴いた。若杉弘指揮・東京フィルハーモニーで、シューベルトの「未完成」とブルックナーの交響曲第9番。クラシック好きにとっては究極のプログラムだ。8月の発売日のころ、毎日のように勝ち点計算をしていたが、どうやっても栃木SCは6位止まりだった。4位の最終勝ち点を59と算出(結果も4位・アローズ北陸は59だった)し、そのためには「残り11試合を9勝2敗が限度」と新聞にも書いた。それから4か月後、東京オペラシティで本番を聴きながら、「栃木SCは未完成だったなぁ。でも完成されたチームなんて世界中のどこにも存在しないんだよなぁ」などと考えながら、この一年間を包み込んでくれるような音響にひたった。ちなみに、ブルックナーの9番も未完の曲だが、交響曲史上、最も高みに到達した作品だと私は思っている。
[PR]
by tsc2007 | 2007-12-25 12:52
栃木SCふぁん!No.254 決定力不足だったのか
f0136083_11235444.jpg  14勝10分け10敗・勝ち点52で8位。チームにとってもサポーターにとっても不本意だったこの結果は「43得点・29失点」がもたらした必然だったのだろうか。18チーム中、得点は13位、失点は1位。リーグ最少失点を大いにたたえた上で、それでは「攻撃は悪く守備は良かったのだろうか」ということを私なりに検証する日々がまだ続いている。
  JFLの7シーズンは「上位を目指す」という漠然とした目標だったが、初めてJ2昇格という明確な目標を持った今シーズンは、戦い方が慎重になった。「いい守備から」が高橋監督の口ぐせだった。このあと「いい攻撃へ」と続くのだが、まずはいい守備をするために労力の6~7割を使っていたように見えた。単純に考えれば、攻撃の労力配分は3~4割となるので、失点は少ないが得点も少ないことになる。これに、春から夏にかけての異常な猛暑がマイナス要因となった。暑さは両チームに平等だと言う人がいるけれども、練習環境が悪くフィジカルコンディションに劣る栃木と、しっかり整えてきているライバルチームとの間には90分間戦ううちに決定的な差ができたと思う。柱谷監督にかわった後期は、昼練習への移行でコンディション作りは改善されたが、勝ち点を失い過ぎていたので、目指すところの攻撃サッカーとは裏腹に、見えないプレッシャーからか積極的にゴールを狙う意識が薄かった。絶好の位置にボールを運んでもパスを選択するシーンなどは、負けられない重圧のために思い切ってシュートを打てない心理が働いていたからだろう。4位以内が絶望的になって、もう開き直るしかなくなってからシュートもゴールも増えた。攻撃に労力をかけられないならCKやFKなどセットプレーからの得点がポイントになるが、間接的な形やこぼれ球も含めてCK6点、FK2点、PK1点で計9点しか取れなかった。2度のPK失敗は別にしてもあと5~6点は欲しかった。
  シーズン終了と同時に、失敗の原因を「決定力不足」に求める論調が目についた。低迷してから、クラブがまずFW上野を獲得した背景にも、その考え方があったと思われる。でも、例えば終盤7試合で10点と大爆発した横山聡は開幕当初からピッチにいた。彼は前期2ゴールしか取れなかった。前期は決定力不足の選手で、後期は決定力ある選手だったというのだろうか。前期も後期もサトシはサトシだった。元日本代表FW山下は6点しか決めなかったが、ポストプレーヤーの彼はもともとゴールを量産するタイプではない。
  優勝した佐川急便の御給や2位・ロッソ熊本の高橋のような傑出した点取り屋がいれば話は別だが、そうでないチームの得点と失点は連動している。失点しないサッカーをやっていた栃木が、得点も少なかったのは必然だった。3位・岐阜は得点45・失点31で栃木と2点ずつしか違わないし、4位・アローズ北陸も得点50・失点35で大差はない。それなのに勝ち点で8~7の差がついた。かじりついてでも欲しかった「4位以内」は、そんなに遠いところにあったのではない。ピッチレベルでは、4位以内を逃した原因は不用意な失点(守備)だった。栃木のリーグ戦全試合の得点と失点を見た立場から、そう感じている。だから「決定力不足」の一言で総括されるようだと、来季もまたつまづくことになると私は思っている。
[PR]
by tsc2007 | 2007-12-19 11:24
栃木SCふぁん!No.253 只木は郷土のヒーローだった
f0136083_1471589.jpg  栃木SCに9シーズン在籍し中心選手として活躍してきたMF只木章広が、ほかの多くの仲間と共に退団した。高校教師の只木は、来季完全プロ化構想の中で残留できなかった。栃木SCに彼がいないことを想像するのは難しい。まだ32歳。年齢的な衰えもなく、自ら退団を希望した訳でもないのだが、これも流れの一つなのだろう。
  只木の印象はJFL参戦1年目(2000年)から鮮烈だった。当時はまだ「司令塔」の言葉が普通に使われていたが、栃木の背番号10番はFWよりもシュート数が多い選手だった。速くて前向きな攻撃タイプだったが、主将を経験(03~05年)し守備意識も高まった。主将時代の只木は、周りにいろいろ言うのではなく、自分が全力プレーすることでチームを引っ張っていた。
  1年前、「チームをJ2に昇格させて引退する」と誓ったものの、その夢はかなわず、失意のシーズンとなってしまった。ケガもあって前期は出場ゼロ。「育ててもらった高橋監督の力になれなかった」ことが心残りだ。柱谷監督に代わった後期は11試合に起用され、4試合は90分間フル出場。最終戦も61分、小林に代わって途中出場した。上野(54分に交代)がつけていたキャプテンマークは、谷池が気をきかせたそうで、山下が左腕に巻いてくれた。76分には栃木SC最後のシュートを放った。ミドルレンジから、ゴール上に外したが「失点した後で流れが良くなくて、シュートで終わることが大事」との判断だった。
  ラストゲーム後のセレモニーでは選手たちが一人一人抱きついてきて、只木は涙でくしゃくしゃになった。「自分はみんなに支えてもらっていた人間だったから」。本人には知らされていなかったうれしい出来事もあった。指導する宇都宮白楊高サッカー部の部員たちが寄せ書きのフラッグと花束をプレゼント。今度は笑顔でくしゃくしゃとなり、胴上げまでされた。記者団に囲まれた只木は退団することについて聞かれ「古い人がチームを去ることは、新しい変化にいい流れを作ることになる。そこまで携われて、悔いはない」と言った。9年間を振り返って「つらかったころのことは思い出せないですね。忘れられないのは吉見が3点目をぶちこんで勝ったホンダ戦(05年)。ホンダに勝つことは夢だったんですよ。強くて規律あるホンダより強くなることが目標だったから、同じレベルまで来たんだと…。自分のゴールよりうれしかったなぁ」。
  今後は「生徒を全国や次のステージに導くこと。指導者としても恩返ししていきたい」と教師の顔に戻ったが、「これまでの仲間ともう少しサッカーをやりたいですね。今を逃したら、この仲間たちを集めることはできません。雄二(遠藤)とか高秀とか茅島とか…。自分も、選手でもコーチでも、何らかの形で携わりたい。栃木SCを応援しながら、サッカーを続けられればと思います」と、選手としての意欲も衰えていない。JFL通算175試合に出場し、FW佐野の40ゴールに次いでチーム2位の33ゴール。「栃木不動の10番」として相手チームに恐れられた、真の郷土のヒーローだった。同じ真岡高―順天堂大の堀田と種倉とともに、栃木サッカーの一時代を築いた功労者でもあった。
[PR]
by tsc2007 | 2007-12-11 14:00
栃木SCふぁん!No.252 「お前らを忘れない!」
f0136083_1258243.jpg
  今季最終戦終了のホイッスルが鳴った時、サポーターたちが横断幕を広げた。メーンスタンドには「俺達はお前らを忘れない!俺達の誇り 栃木の勇者達」、バックスタンドには「お前達の作った歴史は忘れない ありがとう」。試合後に選手やスタッフ、サポーターたちが流した涙の意味がここに凝縮されていた。「お前ら」とは、もちろん、この日で栃木SCを去る選手たちのことだ。39人のうち残るのは9~10人との報道が試合日直前にあって、その中に栃木SCの歴史を作ってきた選手は一人もいないことが分かり、悲痛な感情が込もる横断幕の文字となった。
  今季プロ契約で契約更新しないのは北出、谷池、山田、西川、山下、吉田賢、石川、茅島、片野、永井、高野、金の12人。どの選手も惜しいが、とりわけ私たちをたくさん喜ばせてくれた賢太郎やベテランの域になった石川と高野、地元出身の西川、茅島、永井は残念だ。アマチュア登録のうち、契約するのは1人(高安)と聞いて内心びっくりした。ほかの選手はいわゆる「戦力外」。今季フル出場のGK原、連続フル出場新記録の鉄人・堀田、ミスター栃木SCの只木、いぶし銀の種倉、堅実な遠藤、玄人好みの横山寛、ハッスル男の佐野、気迫のGK星、スピードスター高秀、意欲ある林、センスの池田、突貫小僧の本田、才能を秘めた菊池、努力家の井野、得点感覚ある金子、技ありキックの毛利、密かに期待していた吉田貴。みーんな去ってしまうのか。歴史を作ってきた選手たちが、新しい歴史の扉をくぐることなく、追われるように裏の扉から出て行く姿は見るに忍びない。
  1年前。シーズンを振り返る当コラム(第192回)に、天皇杯出場を決めた時に写した全選手の写真を掲載した。バックナンバーで開くことができるが、写真のキャプションは欠落している。そこには「この笑顔の面々を私たちファンは忘れない」とあった。J2昇格を目指す新シーズンに、おそらく半分は入れ替わっているだろうと思っていたからだ。ところが現実には、監督も含めてほとんどのメンバーが残留した。これは信じ難かった。私が早くから再三「原因は1年前にあった」と主張しているのはこのことで、昨年やらなかった分、今年の柱谷監督とフロントの大ナタが非情かつ強権的に見えるのだ。プロスポーツの指導者は「私情をはさんではいけない」ことを学んでいる。歴史や地元のしがらみがない柱谷監督にはそれができた。苦汁の決断だったに違いないが、純粋に来季のJ2昇格だけを考えれば大改造は避けられなかった。
  今は、栃木SC丸が今季のように座礁してしまわないように、柱谷船長が万全の準備をしていると見るしかない。一方、退団した選手たちの今後も気になる。彼らが新チームを作ったらJFL中堅レベルの強さだと思う。他チームに移籍する選手もいるだろう。このまま終わってしまっては惜しい選手ばかりだ。どんな動きになるのか、注目したい。
[PR]
by tsc2007 | 2007-12-07 12:57
栃木SCふぁん!No.251 8位終戦
f0136083_12562118.jpg  今季最終節は16位のFC刈谷が相手。シーズン終盤のベストメンバーといえるGK原、4バックは片野、谷池、山崎、石川、ボランチは米田(めた)と久保田、右サイドに高安、左サイドに小林、2トップは上野と横山聡の先発だった。ゲームは序盤からホームの栃木が支配的だった。特に高安の突破、小林と石川の連携によって、両サイドから相手を揺さぶった。刈谷は守備に重点を置いていたようだが、ボールサイドに寄り過ぎるきらいがあり、サイド攻撃を意識した栃木にとってゴールは時間の問題に見えた。パスも良く回り、サトシや上野、小林らが果敢にシュートを狙った。
  31分、小林が左に上がった石川に開き、石川はゴールライン際からゴール正面に精度の高いクロスボールを入れた。サトシがダイレクトでシュート。GKがこぼしたところにサトシが自ら詰めて先制した。44分には右サイドで片野からパスを受けた高安が一発でDFを抜いてエリア内へ。グラウンダーのパスをゴール前に通し、ファーで待ち受けていたサトシが右足で合わせて追加点。2点ともゴール前でなぜかフリーだったサトシは、昨季の吉田賢太郎に並ぶ12ゴールでチーム最多得点。2点目の時に、高安はパスを出す瞬間、ニアのゴール枠を狙ってシュートするような顔の動きを見せた。これに相手DFがつられ、パスコースが空いたように見えた。キックフェイントでも、ノールックパスでもない、ルックフェイントのような微妙なパフォーマンス。後で高安と話す機会があったら確かめてみたいが、高安はスピードだけではない、すごいテクニックを持った選手かもしれない。
  後半も栃木の攻勢が続き、追加点がほしかった。J2昇格の夢が断たれたにもかかわらず、スタジアムは6387人もの観客・サポーターで盛り上がっており、3点目を入れて快勝すれば、みんなの胸にわだかまっていた何かが吹っ切れる…そんな雰囲気だった。ところが76分、刈谷の右サイドから岡戸が強引に入れたクロスボールに栃木DF陣が反応できず、篠川にスライディングで押し込まれてしまった。試合後、柱谷監督もなげいていたが、この失点はいただけない。アーリー気味のボールがいつ来てもいいようにアラート(集中して準備)していれば、誰かがクリアできたボールだ。栃木は結局29失点で「リーグナンバー1の堅守」ということになったが、それでも8位で終わったのは、このような失点によっていくつもの勝ち点を失ってしまったからだ。
  試合は2-1で栃木の勝利。良かった。サポーターたちも、この勝利を温かく祝福してくれた。2ゴールのサトシは、試合後のヒーローインタビューで涙を流しながら「メンバー全員、サポーター全員で取ったゴールです」と言った。ほとんどの選手の目に熱いものがあった。サポーターの中にもスタッフの中にも泣いている姿があった。そのへんのところは次回に。ミスター栃木SC・只木のことや今年一年のこと、観客動員新記録、チーム編成、そして「決定力不足なんかじゃなかったんだよ」といったこと……。いろいろ書き足りないことがある。シーズンは終わってしまったが、もし読んでいただけるなら、当コラムの今シーズンはもう少し続けようかと思う。
[PR]
by tsc2007 | 2007-12-04 12:57
栃木SCオフィシャルWebサイトへ